前回に続き、私立医学部受験のことを振り返ってみたいと思います。我が家の一番上の子Aは、自分が国公立志望であった上、一期校・二期校世代である父親の「国公立崇拝」の影響もあり、現役時代、私立は自治医大のみを受験しました。結果は……撃沈です。

「私立は慶應、慈恵、自治医大だけ」、父親の無謀すぎる指令の画像

ログインして全文を読む