近年、地図情報システム(GIS)を活用したマーケティングが盛んに行われています。GISは、地図上に性別・年代別人口や世帯収入など地域住民の特性を表す情報や、店舗数、医療機関数などの様々なデータをプロットしたシステムを表します。GISを使えばエリアに依拠する様々な情報の分析を行うことができ、例えば、飲食チェーン店が新規出店を検討するときの商圏分析などに有用です。

今後も人口増加の新興住宅地は要注目の画像

ログインして全文を読む