これまでの連載でも幾つかの事例を紹介してきたが、盛業の診療所の院長が急病により長期離脱を余儀なくされたり、急逝するようなケースは決して珍しくない。経営者として、様々な準備を抜かりなく進めておくことが不可欠だ。万が一の際に真っ先に課題となるのが、お金の問題。営業できない=その間の収入が途絶えることになる。

院長の急逝に備えた保険、今の入り方で大丈夫?の画像

ログインして全文を読む