院長に万一の事態が発生したり、何らかの理由で長期療養を余儀なくされた場合など、「どうしてよいものか分からない」ということになってしまいがちです。診療所は、国や自治体にまたがって多数の役所がそれぞれの法律に基づき複雑に所管しており、それぞれの間に連携関係は存在しないために、手続きの全体像が非常に分かりにくくなっています。

後継者のいない医療法人で院長が急逝したら…の画像

ログインして全文を読む