院長が病気で長期離脱を余儀なくされ、完全に休業せざるを得なくなった際、職員の処遇や患者への説明など、速やかに講じなければならない対策が幾つかある。また、復帰困難となった際には事業承継を検討することが少なくないが、周囲から怪しい案件が持ち込まれるケースも散見される。

院長が倒れると出現する怪しい人物に要注意の画像

ログインして全文を読む