前回は、院長の予期せぬ離脱に備え、非常勤医の確保や人脈作りが重要であることを紹介した。今回は、実際に長期療養などを余儀なくされた場合の診療所運営について、過去に筆者が経験した幾つかの事例も踏まえてご紹介したい。

院長が病気で離脱、非常勤医採用のポイントは?の画像

ログインして全文を読む