40代で開業すると20年は診療することになる。60歳を超えて40代と同様に診療を続けることは容易ではない。60歳を超えたときどのように診療を続けていくか、また何歳まで開業という形を続けられるのか、現実的な課題として早めに考えておかなければならない。

院長が急病で離脱、助けてくれるのは誰か?の画像

ログインして全文を読む