一人医師医療法人(医療法改正前の出資持ち分の定めのある法人)の理事長だったA医師とB医師。いずれも、急病により60歳代で突然この世から旅立つことになってしまった。しかし、A医師の遺族には十分な遺産があり、B医師の遺族は苦しむ結果となった。何が明暗を分けたのだろうか。

急逝した2人の院長、遺された家族の「明と暗」の画像

ログインして全文を読む