「それでは、院長と理事長は全部兄さんにお願いします」。次男がそう締めくくったのは、医療法人社団S会の臨時社員総会。といっても参加者は長男と次男、母親に加えて、議事録作成係も兼ねて同席している行政書士の4人のみ、場所はS医院の小さな待合室である。臨時社員総会は、院長の予期せぬ入院という“非常事態”を受け開催したものだった。

院長が進行癌で入院、直ちに承継手続きに着手の画像

ログインして全文を読む