開業して10年を迎えた内科医のA医師(50歳)。朴訥とした喋り口と優しそうな雰囲気が受けて、年間4200万円(月350万円)程度の売り上げ、2人の看護師、2人の事務職員という、個人開業としてはそこそこの規模になっており、法人化を検討していた。

院長が癌で休業、減収の影響をいかに抑えたかの画像

ログインして全文を読む