昭和40年代の高度成長期にA医師が開業した首都圏のA内科医院は、最寄り駅からはバスで15分程度と交通の便こそあまり良くないものの、近隣の大型団地や商店街、交番などとともに街の一部を形成する存在となっている。

「今日から院長をやります」、父急逝で長男決意の画像

ログインして全文を読む