診療所の運営をサポートしていると、いろいろなことに遭遇する。時には、「こんなことがあっていいのか」と思うこともある。院長が急病になっても、それほど長期間でなければ代診で何とか回せることもあり、長く受診している患者は他院に移らずに院長の帰りを待っていることが多い。しかし、復帰の願いがかなわず、院長がそのまま亡くなるケースもある。

開業5年の院長が急逝、医局の後輩に引き継ぐの画像

ログインして全文を読む