アメリカの腫瘍内科医約3000人(アメリカ臨床腫瘍学会〔ASCO〕のmembership fileでは、アメリカの腫瘍内科医は約9000人)へ、ワークライフバランスや自身のキャリアへの満足度などについてアンケート調査を実施した結果が2014年のJournal of Clinical Oncologyに掲載されています。最終的に調査に応じた医師は1500人ほどで、半数が女性医師でした。

腫瘍内科医には「燃え尽き症候群」が多い?の画像

ログインして全文を読む