アメリカでは、医療費高騰を背景に、不必要な医療に警鐘を鳴らすキャンペーンが行われていて、“Choosing Wisely”(賢く選択するために)という標語の下、主要学会が「日常臨床で広く行われているものの、エビデンスには基づいておらず、医療費の無駄遣いになるばかりか、患者さんのためにもならない」という医療行為をリストアップして発表しています。

低リスク前立腺がんに画像診断は必要?の画像

ログインして全文を読む