高齢化社会になり認知症の患者ががんを併発することは珍しくなく、またその逆もあります。厚生労働省の報告によると、わが国の65歳以上の高齢者における認知症の有病率は8〜10%程度と推定され、専門家の間ではすでに10%に達していると言われています。現に私の周囲のがん患者にも、認知症を有している方が増えてきているように思えます。

認知症患者の抗がん剤治療で「意思決定」はどうする?の画像

ログインして全文を読む