高齢化社会の到来と、健診の普及、診断技術・能力の向上、治療法の改善などにより、血液内科に通院する患者さんの数は年々増えています。このような背景の中、新規患者さんとしてご紹介いただく血液腫瘍疾患で増えている実感があるのが、いわゆる「がんもどき」と呼ばれるような疾患です。

「がんもどき難民」を増やさない!の画像

ログインして全文を読む