“Adolescent and Young Adult(AYA)Oncology”は比較的新しい概念です。“AYA”とは、一般的に15〜39歳辺りの世代を指します。若年癌患者の生存率は、ここ数十年ほとんど向上していません。若年者の癌は独特な生物学的特性を有する可能性があることや、若年患者は特有の心理社会的なニーズを抱えていることも、この年齢層の癌治療を困難にする要因です。

大空に解き放たれて銀杏散るの画像

ログインして全文を読む