現役医学生が人気研修病院の初期研修についてインタビューする「Uovoが聞く!」。今回は3年間の初期研修プログラムも用意されているという、手稲渓仁会病院にお邪魔しました。慶応義塾大学医学部の高須正太郎さんと一緒に、副院長で総合内科・感染症科部長の浦信行先生にお話を聞きました(以下、文中敬称略)。

3年かけてプライマリ・ケアをしっかり学ぶ リーダーシップを実地で鍛えて“卒業”の画像