人気の初期研修プログラムを現役医学生が取材する「Uovoが聞く!」。今回は、筑波大6年の梶有貴さんが聖隷浜松病院を訪ねた。診療の基本やプレゼンテーション手法、チーム医療に必要なコミュニケーションなどを学べる勉強会のほか、浜松医科大大学院と連携した博士号取得プログラムなど、多彩な学びの機会が用意されている。

じっくり型ローテーションで基本を学び 月6回の当直で病名導く段取りを体得の画像