失語症の責任病巣の解剖は必ずしも自明ではない。それどころか、研修医諸君にもお馴染みの、言葉は流暢だが理解が障害されているWernicke失語をきたすWernicke言語野でさえ、その正確な場所に一定の見解が得られていない。

失語・構音障害の画像診断の画像