子どもの発熱のほとんどはかぜによるもので、緊急に熱を下げる必要はあまりありません。熱を下げる目的は、熱によるつらさを和らげて消耗を防ぎ、少し元気になっている間に水分や食事の補給、睡眠の確保を行うことです。

解熱剤の上手な使い方の画像