小児の救急患者の腹痛診療においては、年齢による好発疾患を鑑別しながら、重症度に合わせて診療を行う。ショック、胆汁性の嘔吐、多量の血便を伴う場合には緊急度が高い。

お腹を痛がっているとき(後編)の画像