まず、国立成育医療センター救急センター研修医の心得「小児救急診療の掟」の第1章を紹介します。自分の症状を訴えない、あるいは訴えが不明瞭な小児救急患者にどう対応するか、特に「これだけは見逃さない」ための評価と判断について、PALS(PediatricAdvanced Life Support:小児二次救命処置)における患者評価法もふまえながら考えてみましょう。

まずは見た目を大切にの画像