私たち医師はまず病名をつけようとして検査を優先し、診断がついてから治療に入ります。しかし子供の救急の場合、それでは間に合いません。検査の前にまず身体所見から緊急度・病態診断をして対応すべきです。本特集で、そのような考え方を身につけていただければと思います。

小児科ER〜これだけは見逃さない〜の画像