慢性腎臓病(CKD)の食事療法では特に、3大栄養素(炭水化物、脂質、蛋白質)のほか、体液・電解質に関連する食塩、水分、カリウム、リンなどに十分配慮することが重要です。

腎疾患患者の栄養管理はどうする?の画像