患者が在宅の場合、前編で述べたような、(1)誤嚥性肺炎や窒息、(2)低栄養障害、(3)食欲不振、(4)歯の欠損、などの問題を抱えながら、居宅にて、食事の工夫、栄養状態、体位などを評価し目標を立て、摂食・嚥下訓練を行うことになります。

誤嚥のリスクがある患者にはどうする?(後編)の画像