経静脈栄養は“補液”に似ていますが、栄養素のバランスを考える必要があり、合併症が多いという点で、大きく異なっています。

経静脈栄養―適応と選択、ここがポイントの画像