皮膚・軟部組織感染症は、救急室ではありふれた疾患ですが、時には一刻を争う超重症疾患が紛れ込んでいます。また、患者の基礎疾患や曝露源によっては特異な病態を示している場合があります。診断には、病歴と身体所見が極めて重要です。

皮膚・軟部組織感染症の落とし穴の画像