培養がない感染症診療は、タイヤのない自動車のようなものです。本稿では、どのような場面で採取するか、どのように取るか、どのように結果を解釈するか、を述べていきます。

血液培養の落とし穴の画像