輸液療法と水電解質異常への対処は、すべての臨床医にとってのたしなみです。まず、水電解質調整に関する腎生理学、病態生理をしっかり理解しましょう。とっつきにくいと思われることが多いのですが、基本的な参考書をネフロンの絵を書きながら読んでいけば、神経症候学や心電図判読よりは簡単に理解できるはずです。

心不全、ネフローゼ、肝硬変の輸液の画像