「どんな輸液をしても、まず問題は起こらない」と思っていませんか?そう思うのは、患者の腎臓がなんとか頑張って尿量や尿組成を調節しているからであって、医師は自分の無知や不始末に気が付いていないだけなのです。

具体的な輸液処方の考え方を教えて!の画像