体液量を評価するときは、ショックの可能性を考慮してバイタルサインを解釈します。浮腫の原因判別にはpit recovery timeが、血管内容量の評価には内頸静脈圧が有効です。体液量評価の具体的なポイントを説明します。

この患者は脱水なの?溢水なの?の画像