輸液の知識はほぼどの診療科でも必須です。考え方の基本を押さえれば、それほど難しいものではありません。基本をしっかり身につけて、様々な病態や状況に合わせた輸液ができるようにしてください。

どんな病態でも輸液の考え方は同じです!の画像