婦人科疾患では、診断のきっかけが腹部エコーだったというケースが珍しくありません。卵巣腫瘍や子宮筋腫は、腹部エコーで偶然発見されることが多く、子宮外妊娠・卵巣出血・術後出血などで腹腔内出血量を予測するには、腹部エコーの所見が重要になります。

婦人科領域の画像