気胸・胸水・胸膜病変はいずれも典型例は発見など非常にたやすいですが、実際にはバリエーションが豊富であり、慎重な観察と対応が求められる疾患群です。

胸膜に異常影があるの画像