CT、MRIなどの普及に伴い、無症状で多くの縦隔病変が発見されるようになってきています。しかしながら、それらの多くは胸部単純X線写真を慎重に読影することにより指摘が可能なのです。

縦隔陰影がおかしいの画像