CTなどのデジタル断層画像に対し、単純X線写真はアナログ画像として長い歴史があります。そのデジタル化は1980年代から本格的に取り組まれ、現在はデジタル形式が主流になっています。

X線写真のデジタル化のメリット・デメリットの画像