心電図は100年の歴史を持っていますが、現在も心疾患の診断において不可欠な検査です。簡便・非侵襲的な検査で多くの情報が得られるので、臨床現場で非常に役立つ診断手段です。

ST、T波の見かたの画像