心臓診断における心電図の情報は、病歴と診察の情報があって初めて重要となる。病歴と診察所見から疾患を想定し、その心電図を予想することや、異常心電図の結果を心エコー図やその後の病態の変化等から評価することにより、心電図判読能力が上昇する。

基本的な心電図の読み方をマスターするの画像