長期にわたり胃管チューブを用いる場合、鼻翼の皮膚に壊死を生じることがある。固定位置を定期的にずらす、固定カ所を増やす、他の方法を検討するといった対応が必要だ。

胃管チューブ固定による鼻翼の褥瘡に注意!の画像