昔、力道山という国民的英雄のプロレスラーがいた。1963 年12 月8 日に繁華街で暴漢に腹部を刺されて病院に運ばれたが、当日は応急手当を受け帰宅。翌日に症状が悪化したため入院、30 針縫う手術を受け成功。7 日目に腹膜炎による腸閉塞を理由に再手術となった。

気管挿管にまつわる事故の画像