腹痛を診るときに最も重要なことは、「即座に診断をつける」ということです。正確な診断を下そうと試みることで、不注意を防ぐことが出来ます。すぐに採血、X線写真、腹部超音波検査、CTを撮るのではなく、病歴と身体所見から厳密で正確な診断をするように心掛けることが大切です。

おなかが痛いの画像