一般外来でみる呼吸困難では、(1)発症の状況を特定できるような突然の起こり方か、(2)以前からあった症状が急に悪化したのか(慢性疾患の急性増悪)、(3)徐々に悪化してきたか、によって鑑別すべき疾患が異なり、しかも多岐にわたります。しかし、病棟でみられる場合は、心・肺疾患が関連している緊急事態が多く、迅速な診断と治療が必要とされます。

呼吸がおかしい・酸素飽和度が急に下がった!の画像