動悸は、日常診療で最も頻繁に遭遇する訴えの一つであるが、なかには生命危機に関わるような重篤な病態も含まれており、その診断・治療に油断はできない。

動悸がする(前編)の画像