前編を念頭に置いて症例をみてみましょう。簡単な病歴とデータを記載してありますので、どんな病態なのか考えてみてください。