基礎疾患の有無を確認の上、肝障害の有無、栄養・吸収不良(ビタミンK不足)の有無、消費亢進(DIC)の可能性、ミキシングテストにより測定系のインヒビター(APSなど)の可能性を確認し、稀な凝固異常を検出する。

PT、APTTが長い!(後編)の画像