検体処理の不備、肝臓の蛋白合成障害、栄養不良・吸収障害等によるビタミンKの欠乏、DICなどの消費亢進、潜在する抗燐脂質抗体症候群(特にAPTT延長)と、稀ではあるが先天性凝固異常の有無などに注意を払う。