よく言われることではあるが、若い医師には指導者が必要だ。良き指導者に出会えるか否かは、後の医師人生を大きく左右する。私の場合、20 代後半で勤務した竹田綜合病院の指導医が外科医としての気構えを叩き込んでくれた。落ち着き、臨機応変さ、そして繊細さ。外科医に不可欠の様々なことを教えてくれた師に対する敬愛の念は深い。

「無用の用」こそ、学びの醍醐味の画像