癌の放射線治療にいち早く取り組まれてきた中川恵一先生。多数の著作に加え、新聞や週刊誌の連載を通じ、「癌」と「死」にどう向き合うかを一般に向けて熱心に説いています。癌で亡くなる方が大きく増えていく日本において、これからの医師が心得ておくべきことをお聞きしました。

中川恵一(東京大学医学部附属病院放射線科准教授/緩和ケア診療部長)の画像