筑波大学が医工芸連携で開発を進める肝臓手術支援システム。画面上で様々な術式を試すことができれば、若手外科医の育成が早まると期待される。

危ないポイントも術前に体験の画像